LINK
MI7関係:
MI7Japan Online Store
MI7JapanWebsite
Fat Beat Station

関連ブログ:
Propellerhead JPブログ
Synthax ブログ

Top Bills Profile:
MaryJoyRecordingsWebProfile
Myspace
<   2010年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧
Record Uの紹介
こんにちは!
プロペラヘッドが主催するオンラインでのチュートリアル企画Record Uです。
スタートしてから半年程経ちますがRecordを使用しての実戦のレコーディングにおけるノウハウを定期的に掲載しています。これからレコーディングを始めたいと思っている方や、自分のレコーディングをどうやって向上したら良いかと思っている方にはオススメです!英語ですが、皆さん是非どうぞ!

Record U
b0153623_13192491.jpg


peace
[PR]
by topbill | 2010-01-29 23:45 | Propellerhead
MASTER of Record
こんにちは!
今月末から発売されているRecordのガイドブック「MASTER of Record」
今月末から発売されているRecordの使い方を基本から応用まで、そしてReasonとの連携までをも説明したガイドブックです!全カラーですし、マニュアルを読むのはオックウだと思っている人でもこの本があればスンナリ頭に入ってきます。著者の藤本さんは、DTMやデジタルレコーディングのライターとしては、とても有名で藤本さんがa href="http://allabout.co.jp/" target="_blank">All Aboutというオンラインメディアでかかれている書かれているオンライン記事は、業界内ではとても評価が高いです。私も良く読んでおりますが是非皆さんも是非。記事はこちらから

さてこの「MASTER of Record」ですが、現在、オンラインストアでは、Record For Reason OwnersとRecord Reason DUOとセットにして販売中です!しかもRecord Reason DUOにはReFillにReasonメモリー付きです!興味のある方は是非!

Record for Reason owners + MASTER OF Recordバンドル
Record Reason DUO+MASTER OF Record+ReFill(USBメモリ付)
b0153623_744979.jpg

peace
[PR]
by topbill | 2010-01-28 23:50 | Record
複数の楽器とReasonを使ってplay!
こんにちは!
Super Adventure Clubというカリフォルニア州サンフランシスコを拠点に活動するグループのインタビューが本国プロペラヘッドサイトにアップされています。このグループは、二人組なのですが、一人は歌、キーボード(Reason)、ベースを演奏、もう一人は、歌、キーボード(Reason)、ドラムを演奏、とかなり曲芸の領域に達しています。彼らもReasonの音源の豊富さについて語っています。サンフランシスコは、私も住んでいたことがあるのですが、アートの活動はとっても盛んでこう言った独創的なアーチスト達がひしめき合っています。ムービーは、こちら↓

peace
[PR]
by topbill | 2010-01-27 23:55 | You Tube
日本語字幕付きのRecordマイクロチュートリアル17と18がアップ!
こんばんわ!新しいRecordマイクロチュートリアル「パート17 – ディエッサー 」と「パート18 – サイドチェーンコンプレッサー」がアップされました。今回はレコーディングでつかえる技の応用編です。Recordは、バーチャルな録音スタジオなので、実際にスタジオで行なわれている技をそのまんま使えます。まだ持ってない人達でも、今回のビデオは録音のテクニックを学ぶには持ってこいです!しかも日本語字幕付きです。





Recordマイクロチュートリアルのページはこちら

peace
[PR]
by topbill | 2010-01-26 22:58 | Record
ReasonとAkai MPK シリーズ
こんばんわ!
当オンラインストアでも販売しているFat Beat Station!これは、ReasonMPD32のオールインワンのバンドルセットになっていることは、もう既にご存知の皆さんも多いかと。さて、このソフトウェアとハードウェア、とても相性が良く。ケーブルを繋いで2、3回クリックしたら設定はオッケーです。
このMPD32の兄弟分で、MPKという鍵盤付きのMPDたるものがございます。これまたReasonとは、とても相性が良いです。最近色々な人から聞く話ですが、結構このReasonとAkaiのコントローラーのコンビは、欧米では主流になっているようです。ソフトの操作感をハードウェアに委ねているイメージです。
b0153623_402674.jpg

b0153623_412733.jpg
b0153623_4121766.jpg
b0153623_4122854.jpg

peace
[PR]
by topbill | 2010-01-25 23:50 | Reason
V-Station ソフトウェア
今、オンラインストアでNocturn 25/49を買うとノベーションの伝説的シンセサイザーV-stationのソフトウェア版が付いてきます!
b0153623_10205161.jpg



Noctrun 49+V-Stationソフトウェア

Nocturn 25+V-Stationソフトウェア

V-stationは、Rolandのヴィンテージ音源TB303のようなエレクトロなベースラインを作るのに最適です!ダンスミュージックシーンでも注目度大です!

百読は一聴に如かず!こんなビデオもあります↓


peace
[PR]
by topbill | 2010-01-22 23:20 | Novation
Digital DJに最適なオーディオインターフェース NIO2I4!
こんばんわ!
前回、前々回に続きDigital DJの話題です。
今回は、これまたお馴染みのNovationからでているDigitalDJに最適なオーディオインターフェースNovationNIO2I4の紹介です!
b0153623_1917474.jpg

さて、NovationのZeRO SL MKIIについているAbleton Live7Liteで前回、前々回とDigital DJの説明しましたので、今回もその続きでAbleton Live7でのDigital DJの仕方を紹介しましょう!

まず、コンピューターに付属のNIO2I4のドライバーをまずインストールします。

そして、Ableton Live7Liteをインストール、もしくは、すでにインストールされているのでは。。。。
Ableton Live7Liteを立ち上げて、環境設定→Audioのタブをクリックして上げます。
出力設定ボタンをクリックしたら下のような画面がでてきます。↓
b0153623_192577.jpg

↑全部黄色くなるようにクリックしてあげてください。NIO2I4の全部の出力を使うということです。

そして、下の写真の青い四角枠の中"Cue Out"を3/4、マスターアウトは、1/2をに設定してあげます。
b0153623_19481195.jpg


CUEとはヘッドホンで次にかける曲を聞くときに使う出力です。マスターとは、スピーカーでクラブ会場に流れる出力のことです。ライブラリ内でクリップ(曲)を選択してあげるとNIOの3/4の出力からCUEが流れるんです。↓
b0153623_19512213.jpg


NIO本体の設定は写真のように、、
b0153623_19584530.jpg

青い四角枠のように、モニターには、"mon"を選んでください。赤い四角枠のノブで"マスター出力"と"Cue"の切り替えをします。これはヘッドホンで聴く音の切り替えです。赤丸は、マスター出力のボリュームノブ、青丸は、Cueのボリュームです。

青四角内のスイッチを"a"赤四角枠内を"b"にしてください。これは、出力の1/2が、"a"と3/4が"b"に割り当てられたという意味です。
b0153623_2063260.jpg


スピーカーへのケーブルは、出力の1/2につなぎます。3/4には繋ぎません。3/4はCueの音の出力なので、ヘッドホンのみにしか使いません。

あとは、Ableton Live7 Lite内のライブラリのなかの曲から好きな曲を聴いて選んで、各チャンネルにフェーにドラッグドロップして、マスターフェーダーで切り替えて曲をミックスしましょう!
b0153623_20204274.jpg


こちらの記事でも、ZeRO SL MKIIとAbleton Live7LiteでのDigitalDJの記事もコチラに書いているので参考にして下さいな。
Novation ZeRO MkIIでDJプレイ! その1〜ハードウェアの設定〜
Novation ZeRO MkIIでDJプレイ! その2〜ソフトウェアの設定〜

NIO2I4はDIgital DJノミならず音楽制作のインターフェースとしても活躍しますよ。
それでは、また!
peace
[PR]
by topbill | 2010-01-21 19:41 | Novation
Novation ZeRO MkIIでDJプレイ! その2〜ソフトウェアの設定〜
みなさん、こんばんわ!
さてさて今回は前回からの続きで ZeRO MkIIをつかってのDigital DJの記事です。
今回は、いよいよソフトの設定をします。

ZeRO MkIIと付属のAbleton Live 7LiteでDIgital DJをするには、Ableton Live 7Liteの設定も必要になってきます。Ableton Live 7Liteをお持ちのコンピュータにインストールしてあげてください。そして.....

まず ZeRO MkII本体でLiveのテンプレートを選びます。
下の写真のスピードダイヤルを押すと選択できるテンプレートが表示されます。
b0153623_23365731.jpg

ページを切り替えて、LCDに表示されるAbletonLiveのテンプレートを選択します。
b0153623_2337828.jpg

本体のテンプレートが選ばれました。

次にソフト(Live 7Lite版)を立ち上げ、環境設定を開いてください。
設定は、下の写真のようにしてください。↓
b0153623_168544.jpg

そして下の赤枠内の"MIDI"というボタンを押してMIDIマップモードをオンにします。そうすると画面が下のようになりMIDIのパラメーターのコントロールの割り当てが可能な部分が青紫色になります。
b0153623_23544989.jpg

下の写真のように赤枠のマスターフェーダーの下の切り替えクロスフェーダーをクリックします。 ZeRO MkII本体のフェーダーを触ればクロスフェーダーの割り当てが完了します。そして赤丸の縦フェーダーをクリックして ZeRO MkII本体の縦フェーダーを左から順に動かして割り当てをします。
b0153623_23522220.jpg

MIDIマップモードから抜けて、各フェーダーをA、Bに割り振ってください。
b0153623_23591279.jpg

これでクロスフェーダーでトラック1と2の切り替えができます。もちろん立てフェーダーを動かせばトラック1、2のボリュームもかわります。
b0153623_0112261.jpg

後は、各トラックに好きな曲をクリップに入れて、再生ボタンを押せば音がなります。そして、クロスフェーダーで二つの曲の切り替え、ボリュームフェーダーで各曲のボリュームの調整ができます。
さあDigital DJを楽しみましょう!
Novation ZeRO SL MKIIの購入はこちらより!


peace
[PR]
by topbill | 2010-01-20 23:23 | Novation
Novation ZeRO MkIIでDJプレイ! その1〜ハードウェアの設定〜
欧米のDJシーンでは、Digital DJがいまやDJプレイの主流となっている話をよく聴きます。日本にもそういったムーブメントが近いうちにくるでしょうね。
欧米の現場で良く見るMIDIコントローラーNovationのZeRO SL MKII。このコントローラーは、クロスフェーダーまで付いていてDigital DJには持ってこいです!

さてさて、ここのブログでもZeRO SL MKIIを使ってDigital DJの仕方を説明します。
ZeRO SL MKIIにはAblton Live 7 Lite版もついており、そのソフトと連動させるとDigital DJが実現します。
b0153623_23204791.jpg


まず今回は、ハードウェアの設定です。最初にZeRO SL MKII本体のクロスフェーダーをAbleton Live 7 Liteで使えるように設定をする必要があります。今回はまずそのステップを説明します!
この作業をしないと"アレ?クロスフェーダーが動かない”と思ってしまうかも知れませんので皆さんお忘れなく。

まずは、USBを繋いで電源が入れます。そして、下の写真のように本体のautomapというボタンがついていない状態で(もし点灯している場合は、ボタンを押せば消えます)↓
b0153623_22542220.jpg

そしてクロスフェーダーを動かしてください。
editというボタンを長押しします。ボタンのLEDがつきました!↓
b0153623_2255392.jpg

LCDはこんな風にみえます。↓
b0153623_1631575.jpg

その後に一番上の列の左端のエンコーダーボタンを回してLCDの表示を"Control CC"にします↓
b0153623_2257697.jpg

次にエンコーダーを回して写真の赤枠中のCCNumを80に設定して、↓
b0153623_22584253.jpg

下の写真の赤枠内のWriteボタンを2回押します↓
b0153623_2352297.jpg

最後は、また"edit"ボタンを押してあげます。これでクロスフェーダーの設定は終了です。
まず、最初にこの設定が必要になりますので皆さん忘れないでくださいね!
次回は、いよいよAbletonLive7Lite版の設定に迫ります。それでは、また次回!
Novation ZeRO SL MKIIの購入はこちらより!

peace
[PR]
by topbill | 2010-01-19 19:41 | Novation
RME Fireface 400とRecordのバンドル!
おはようございます!
オンラインストアで、ただいま押しに押しているバンドル商材の紹介です!
とても高音質なオーディオインターフェースで有名なRMEのFireface 400!このFireface 400とミュージシャンの為につくられたソフトウェアプロペラヘッドRecordのバンドルセットがオンラインストアでキャンペーン価格で売られています!実は、私も個人的に、このセットを使っていますが、音の良さはモチロンなんですが、コンパクトさ、携帯性も抜群。ぼくの家のように小さいアパートでも問題なく収まります!みなさん是非とチェックしてください!↓
01.RME Fireface 400 + Record for Reason Owner
02.RME Fireface 400 + Record
03.RME Fireface 400 + Record Reason DUO

b0153623_1059163.jpg
b0153623_10591119.jpg
b0153623_10592655.jpg


peace
[PR]
by topbill | 2010-01-15 23:45 | オンラインストア



店長DJ Top Bill の日々の笑いあり涙ありの音楽活動を連載いたします。ためになる事、ならないことじゃんじゃん、書いていくので宜しくお願いします。
by topbill
EVENT
カテゴリ
全体
Reason
SSL
Recepter
DJ
RME
gadget
AudioCubes
Novation
ProducerConference
Sampling
SP1200
Rewire
ツール
デモンストレーション
event
イベント
You Tube

Recording
Live
Bobby Digital
F.B.S.
T.B.S.
パトロール
Japanese Hip Hop
マスタリング
Life
レコード
Tools
Hip Hop
リハーサル
VJ
MUSIC!!
Propellerhead
Novation
Record
TLAudio
オンラインストア
synthax
未分類
以前の記事
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
フォロー中のブログ
CHIYORI BLOG
yamaan blog
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧