LINK
MI7関係:
MI7Japan Online Store
MI7JapanWebsite
Fat Beat Station

関連ブログ:
Propellerhead JPブログ
Synthax ブログ

Top Bills Profile:
MaryJoyRecordingsWebProfile
Myspace
カテゴリ:マスタリング( 1 )
行方先生
こんばんわ!!週明けですね。
"知らないことを知るのはすばらしい!"
マスタリングとは、CDをつくるにあたっての最終作業である。先週は、行方先生にマジックを見せてもらいました。、とその前に

行方先生のご紹介を..
b0153623_23134590.jpg

b0153623_051381.jpg

【行方洋一先生プロフィール】
1943年東京生まれ。東芝EMI(旧東芝音楽工業)録音部に入社後、坂本九、弘田三枝子、欧陽菲菲、渚ゆう子、奥村チヨ、小川知子、浜圭介、等の作品を担当。その後、制作部に移りプロデューサー&ミキサーとして読売交響楽団、徳永二男等のクラシックからアンリ菅野、前田憲男、ジョニー・ハートマン等のジャズまで幅広く手掛ける。フリー転身後も太田裕美、ゲームソフト「ドラゴンクエスト」等の音楽録音の傍ら、オーディオ雑誌やイベント等でのオーディオ評論活動も行う。また、東芝 EMI在籍時にExMF(Extended Musical Fidelity)シリーズを立ち上げオフ・コース、チューリップ、アリス、甲斐バンド等のアルバム全64タイトルをリマスタリング・リリースするなど、音の世界で数々の体験をしたノウハウをベースに、ハードからソフトまでの幅広い見識や、職人技的なテクニックを使うキャリアのながいエンジニアならではの魅力を兼ね備えた人物である。



そんな、行方先生ですが、なんとTBSProjectの"BCL Top Bill shuffle"と”ひとかけら”をリマスタリングしてくださった。もちろん、僕が既にこの2曲は、CD用にマスタリングしたのだが、その場のノリでマスタリングをして下さった。そしてその職人技にぼくは、感動した。
僕ら世代のミュージシャンは、コンピューターを使い作曲、録音、ミックス、マスタリングをこなす。ぼくもそのうちの一人である。だが、僕は気づかさせられたのだ。職人の技は継承するものであり、世代を追って受け次がれていく。行方先生が見せて/聴かせてくださった技は、本や、インターネットにでは、探し出せない職人技"行方マジック”であった。それは、ぼくには到底マネができない、分厚いキャリアと、経験からにじみでるスキルであった。そんな大先生が、楽しそうにHip Hopの音をいじっているのに僕は正直目頭が熱くなった。

今回、行方先生が来られた本との理由は、sonalksisから新しく出る、マスタリング用のプラグインの評価を見せてくださった。Mastering Suiteです。音はサイコーだ。僕の好きなとても柔らかい音になる。決してシャキシャキはしていない。派手でもない。
行方先生、曰くMastering Suiteは、昔のアナログのコンソールNEVE
b0153623_23433146.jpg
の”音楽的な”キャラクターだと言う。決して、優秀に数字を追えば良いというものではない。いかに音楽的な質にするか?がキーである。そして、そのためには、計算を間違える必要があるのかも知れない。いやいや、もしかすると偶然なのかもしれない。そうそう、スクラッチが偶然に生まれたように、、、まさにHip Hopが生まれた様に。

キャンさんとFat Beat Stationのリハもしました。
b0153623_23525897.jpg
ホンとに良い青年だと思います。
いよいよ11月16日です。予約はこちらからお願いします。そしてplugダクさんのイベントでチヨリさんのライブ見て一杯やって帰りました。良いフライデーナイトでした。またまた、色々書きたいと思います。
おやすみなさい。
peace
[PR]
by topbill | 2008-11-10 23:33 | マスタリング



店長DJ Top Bill の日々の笑いあり涙ありの音楽活動を連載いたします。ためになる事、ならないことじゃんじゃん、書いていくので宜しくお願いします。
by topbill
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31