LINK
MI7関係:
MI7Japan Online Store
MI7JapanWebsite
Fat Beat Station

関連ブログ:
Propellerhead JPブログ
Synthax ブログ

Top Bills Profile:
MaryJoyRecordingsWebProfile
Myspace
ASR10
こんにちわ。お外は良い天気でございますね。まだまだ全然、汗でますね。

今日ネットサーフィンをしていたらおもしろい映像をみつけました。RZAのトラックメイキングについての映像。なかなかおもろいですね。アーチストがプロダクションツールについて話してくれるのは為になるよね。
っで、そのインタビューの中で話に出てきたのがASR10! 彼は、言ってます。”ASR10を買って俺はマスタープロデューサーになった!”とWu-Tangの名曲はASR10でつくったと。ぼくは、当時Wu-Tangのファーストアルバムを聴き度肝を抜かれた青年の一人であった。その当時僕はサンフランシスコに住んでいて、周りのHip Hop プロデューサーは、皆ASR10を使って曲をつくりまくっていた。
Del Living LegendsGrouchとか、確かThe Rootsも使っていたと思う。Q-bertは、Ensoniq/EPSASR10の前のバージョン)を使っていた。RZAがビデオで言っているように、ASR10は、どでかくて、うるさい音がつくれる、なんか変な感じの変態的な音質を持っているんだよね。またAkaiとは違ったような。僕は最終的にはSP1200に落ちついたのだが、ASR10は、SP1200Akai/MPC3000をたして2で割ったような音質のような気がします。スネアの音とか"パチーン"じゃなくて"バチーン"ってかんじです。抜けが良いが重いって感じがあります。

この前会社で雑誌を読んでいたらこんな記事を見つけた。僕のDJの心の師匠/大先輩Mix Mater Mike氏のインタビューである。
b0153623_14444152.jpg
95年のワールドDMCのエキシビジョン二人目がMix Mater Mike氏である。
彼もやはりASR10を使っていたが最近ツールを代えたと、今迄ハード主体で制作を行ってきた彼は、workフローをソフトに代えたとASR10Reason4へアナログレコード→SeratoScratchLiveへと。ビースティーボーイズのバックDJをつとめる彼は、飛行機の移動中にReasonで曲をつくり、移動先のライブ会場では、作った曲をSeratoScratchLiveでプレイすると言う。どういう事かというと今迄ASR10で曲付くってマスタリングにだして、レコードプレス工場にだしてアナログレコードにしていた行程をすべてコンピューター一台ですましてしまっているということである。凄いモチベーションだよね。

20年以上ものキャリアを持ち、レコードを手足の様に使うターンテーブリスト、世界で有数のターンテーブリストが今まで使っていたツールを倉庫にしまって新しいツールで新しい可能性に挑むと行為は恐れいった。

"温故知新"大事っすね。

peace
[PR]
by topbill | 2008-09-05 17:09 | ツール
<< Pacoナイト Ari1010+Candle+... >>



店長DJ Top Bill の日々の笑いあり涙ありの音楽活動を連載いたします。ためになる事、ならないことじゃんじゃん、書いていくので宜しくお願いします。
by topbill
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30